『入試数学III 解法マニュアル』は,数学IIIの「極限」,「微分の応用」,「積分の応用」について,教科書内容の公式・定理の導出から教科書の練習レベルの解説を経て,入試頻出の典型問題の考え方・解き方までを詳細に解説した,まさに受験教科書と呼べるものです。

数IIIを最初に学習するときの教科書としてはもちろんのこと,入試問題を演習する際の典型問題の解法マニュアルとしてなど,受験勉強のいろいろな局面でお使いいただけます。

微分・積分の計算の仕方については解説していませんのでご注意ください。
「複素数平面」,「2次曲線」は含まれておりません。

入試を目的とした受験教科書

教科書内容理解に主眼をおいた初学者用の市販参考書は,教科書より詳しく解説されてはいるものの教科書止まりであり,『教科書は越えていても,ここまでは入試基礎として身につけておかねばならないところ』までは踏み込んでいません。
(ここでいう「入試基礎」とは,地方国立大・上位有名私立大レベルを指します)


数学IIIを一通り学習した人を対象にした,より実戦的な参考書は,教科書内容の説明が省かれているのは仕方ないとして,入試基礎である「解けなければいけない問題」と,応用色が強いため入試基礎を一通り押さえてから扱った方が良い「初学者は最初は飛ばすべき問題」が同列に掲載されています。


本書「入試数学III 解法マニュアル」は,教科書内容の説明から始まり,入試頻出典型問題の考え方・解き方までを詳しく解説した,まさに受験教科書と呼ぶにふさわしい内容となっています。

単元ごとの解説に留まらず,実際の入試に即して「接線と囲む面積の極限」などの数IIIの総合問題も多く収録し,入試頻出の基本・標準典型問題を網羅していますので,数学IIIの入試基礎学習用の受験参考書に最適です。

数学IIIの学習が一通り終わっている方にも,教科書から入試問題への橋渡しの参考書としてお奨めします。

「Check & Clear 数学III」に完全対応

本書はその名の通り「解法マニュアル」ですので,各事項ごとに 「導入説明」→「例題解説」 の構成でかかれており,練習問題は収録しておりません。

「わかった」だけでは実力とはいえません。「自分で解ける」ようにならなければ点数に結びつきません。本書を終えれば,入試標準レベルの問題集に取り組むことが可能になりますので十分に問題演習を積んでください。

問題集には姉妹書「入試頻出典型問題集 Check & Clear 数学III」をお奨めします。本書と同じセクション配列で,本書収録の入試レベルの問題については,類題を複数収録していますので,
  「解法マニュアル」で『考え方・解き方の理解』→「Check & Clear」で『問題演習』
の順で学習することで,より確かな実力が養成されます。

受験生の様々なニーズに対応

入試勉強は『いつまでに,どのような学習をどれだけするべきか』という計画性が大切です。特に数学III は学校によって履修時期が異なることもあり,学年,志望校,数学II の理解度などにより,受験生一人一人に合った学習計画,その計画に最適な教材で勉強を進めていくことが重要です。


本書「入試数学III 解法マニュアル」を軸として,姉妹書「速攻数学III 微積分計算」,「入試頻出典型問題集 Check & Clear 数学III」,「数学IIIに最小限必要な数学II」と組み合わせることで,未履修の方の数学III全単元の先取り学習用教科書や,実戦演習に入る前の入試基礎確認用教材など,いろいろなニーズに合わせてお使いいただけます。(学習目的別の組み合わせは仕様・定価をご参照ください)



(注1) 微分・積分の計算の仕方については説明していません。 微積分計算の習得には,姉妹書「速攻数学III 微積分計算」での学習をお奨めします。

 (注2) 本書は姉妹書「速攻数学III 極限・微分法とその応用」,「速攻数学III 積分法とその応用」を受験教科書として再編集したものです。
本書に収録されている問題・解説は上記「速攻数学III」2種と同じですのでご注意ください。