本書の特徴

本書『数学Vに最小限必要な数学U』は,文字通り数学3を学習するための準備として,短期間で数学2内容を復習するための教材です。
  1. 数学2の内容の中で,数学3に必要な内容のみを解説してあります。したがって, 例えば対数の単元の桁数の問題などは割愛しています。
    その代わりに,「三角関数の次数下げ」や「定積分で表された関数」など,通常数学2では軽く扱われる内容も数学3に必要な内容は扱いを多くしました。

    なお,「負角・補角・余角の公式 」については,理系の受験生ならば常識にしておいて欲しいという想いと,公式丸暗記という無駄な努力をされている方が多いので収録しました。

    数2−積分法の「面積への応用」については公式中心の数2内容での準備より,数3において一から学習する必要がある。と判断して収録していません。

  2. 数学2の予備知識は前提とせず,教科書レベルの解説から教科書よりも詳しく丁寧に書いておりますので数学1の 『数と式・2次関数』が既習であれば,どの学年でもお使いいただけます。

  3. 導入の解説→例題 という形で構成されています。
    「忘れたなぁ」という単元は導入の解説から読み進め,例題が出てきたら例題を解いてください。「この単元は大丈夫」という単元は例題から解いてみましょう。
    正解・不正解に関わらず,ポイント・解説・別解は熟読してください。
    練習問題は収録していませんので,「もっと練習が必要」と感じた内容は傍用問題集などで補強しておきましょう。

  4. 各章末に,章末問題「ここまでの確認」を収録しています。「わかったつもり」の勉強にならないために, 必ず自分で解いた後,答えあわせをしてください。解けなかった問題については, 巻末の解答・解説で指示している例題を再度やり直してください。

  5. 本書を学習していて解かりにくい箇所があれば,メールにて質問を受けつけます。